新潮文庫 nex

SPECIAL さよなら世界の終わり 佐野徹夜/著 loundraw/イラスト

  • 物語

    さよなら世界の終わり さよなら世界の終わり
    僕は、死にかけると未来を見ることができる

    校内放送のCreepを聴きながら、屋上のドアノブで首を吊ってナンバーズの数字を見ようとしていた昼休み、親友の天ケ瀬が世界を壊す未来を見た。彼の顔を見ると、僕は胸が苦しい。だから、どうしても助けたいと思った――。いじめ、虐待、愛する人の喪失......。死にたいけれども死ねない僕らが、痛みと悲しみを乗り越えて「青春」を終わらせる物語。生きづらさを抱えるすべての人へ。

  • 著者紹介

    佐野徹夜サノ・テツヤ

    1987年、京都府生れ。同志社大学卒。2017年、『君は月夜に光り輝く』で電撃小説大賞を受賞し、デビュー。同作は19年に映画化され、大ベストセラーとなる。近年、『文藝』で短編を発表するなど、創作の幅を広げている。他の著書に『アオハル・ポイント』などがある。