新潮文庫 nex

LITERARY WORK DETAIL 作品詳細

ウソガアフレタセカイデ
嘘があふれた世界で
浅倉秋成/著、大前粟生/著、新名智/著、結城真一郎/著、佐原ひかり/著、石田夏穂/著、杉井光/著
モトクロス斉藤/イラスト
このアンソロジーはやがて伝説になる! 最注目作家7名が“今”を描く競作アンソロジー!
これが当たり前になった時代で、あなたならどう生きる? 信者に人生を壊されたVtuber、バズって神格化された女子高生、呪いのアプリの謎に迫る調査員、未だに動く亡き夫のアカウント。それぞれの物語に隠された、生きていくための秘密と嘘。ベストセラー『世界でいちばん透きとおった物語』のスピンオフも収録した、新進気鋭の最注目作家7名による“今”を切り取るアンソロジー。
ISBN
978-4-10-180282-4
発売日
2024年2月28日

プロフィール

アサクラ・アキナリ

1989(平成元)年、千葉県出身。小説家。関東在住。第13回講談社BOX新人賞Powersを『ノワール・レヴナント』で受賞しデビュー。2021(令和3)年に刊行した『六人の嘘つきな大学生』も第12回山田風太郎賞候補、「2022年本屋大賞」ノミネート、第43回吉川英治文学新人賞候補となる。

オオマエ・アオ

1992(平成4)年、兵庫県生れ。2016年、「彼女をバスタブにいれて燃やす」がGRANTA JAPAN with 早稲田文学公募プロジェクト最優秀作に選出され小説家デビュー。ほかの著書に『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』『チワワ・シンドローム』などがある。

ニイナ・サトシ

1992(平成4)年、長野県生れ。2021(令和3)年『虚魚』で第41回横溝正史ミステリ&ホラー大賞〈大賞〉を受賞し、デビュー。ほかの著書に『あさとほ』『きみはサイコロを振らない』などがある。

ユウキ・シンイチロウ

1991(平成3)年、神奈川県生れ。東京大学法学部卒業。2018年、『名もなき星の哀歌』で新潮ミステリー大賞を受賞してデビュー。2021(令和3)年、「#拡散希望」で日本推理作家協会賞(短編部門)受賞。ほかの著書に『プロジェクト・インソムニア』『#真相をお話しします』などがある。

サハラ・ヒカリ

1992(平成4)年、兵庫県生れ。2017年、「ままならないきみに」で、第190回コバルト短編小説新人賞を受賞。2019(令和元)年、『ブラザーズ・ブラジャー』で第2回氷室冴子青春文学賞大賞を受賞。ほかの著書に『ペーパー・リリイ』『人間みたいに生きている』などがある。

イシダ・カホ

1991(平成3)年、埼玉県生れ。2021(令和3)年「我が友、スミス」で第45回すばる文学賞佳作、同作で第166回芥川龍之介賞候補。2022年「ケチる貴方」で第44回野間文芸新人賞候補。2023年「我が手の太陽」で第45回野間文芸新人賞候補、第169回芥川龍之介賞候補となる。

スギイ・ヒカル

1978(昭和53)年、東京都生れ。電撃小説大賞の銀賞を受賞し、2006(平成18)電撃文庫『火目の巫女』でデビュー。その後電撃文庫「神様のメモ帳」シリーズがコミカライズ、アニメ化。ほかの著書に「楽園ノイズ」シリーズ、『世界でいちばん透きとおった物語』などがある。