新潮文庫 nex

LITERARY WORK DETAIL 作品詳細

サヨナラノイイカタナンテシラナイ03
さよならの言い方なんて知らない。3
河野裕/著
越島はぐ/イラスト
孤独で、孤高。それが架見崎の、最強。
男は毎日、同じ行動を繰り返す。起床し、新聞を読み、改札で電車を待つ。月生亘輝。架見崎で最強と称される人物。そんな月生に対し、遂に二大勢力が行動を起こす。チーム内で派閥抗争が続く「PORT」。実質的指導者の交代で揺れる「平穏な国」。それぞれの思惑が交錯する共同戦線で、香屋歩は何に怯え、何を考え、どのような真実を見出すのか。死と涙と隣り合わせの青春劇、第3弾。
ISBN
978-4-10-180178-0
発売日
2020年1月 1日

プロフィール

コウノ・ユタカ

1984(昭和59)年、徳島県生れ。兵庫県在住。2009(平成21)年、『サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY』でデビュー。2015年、『いなくなれ、群青』で大学読書人大賞を受賞。同作から始まる「階段島」シリーズは2019(令和元)年『きみの世界に、青が鳴る』で完結した。著書に『つれづれ、北野坂探偵舎』『最良の嘘の最後のひと言』、「架見崎」シリーズとして『さよならの言い方なんて知らない。』などがある。