新潮文庫 nex

LITERARY WORK DETAIL 作品詳細

アメクタカオノスイリカルテ03ミッシツノパラノイア
天久鷹央の推理カルテIII―密室のパラノイア―
知念実希人/著
いとうのいぢ/イラスト
密室殺人。犯人は、病気(アイツ)だ。
呪いの動画によって自殺を図った女子高生。男性に触れられた瞬間、肌に異常をきたす女性。そして、密室で溺死した病院理事長の息子......。常識的な診断や捜査では決して真相にたどり着けない不可解な事件。解決できるのは、怜悧な頭脳と厖大な知識を持つ変人女医・天久鷹央(あめくたかお)、ただ一人。日常に潜む驚くべき"病"と事件の繋がりを解明する、新感覚メディカル・ミステリー第3弾。
ISBN
978-4-10-180035-6
発売日
2015年6月 1日

プロフィール

チネン・ミキト

1978年、沖縄県生れ。東京慈恵会医科大学卒、日本内科学会認定医。2004年から医師として勤務。2011年「レゾン・デートル」で島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞。2012年、同作を『誰がための刃』と改題し、デビュー。「天久鷹央」シリーズほか、『あなたのための誘拐』『仮面病棟』『時限病棟』『螺旋の手術室』『屋上のテロリスト』『黒猫の小夜曲(セレナーデ)』などの著書がある。2018年、『崩れる脳を抱きしめて』が本屋大賞ノミネート。